Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

 夢

人生の大部分を過ごして来て、だいたい、自分の路線が見えてきたと思っていたからでしょうか。

なんともやるせない夢を見ました。

◆ 夢 ◆

10年後ぐらいだと思う。

実家の母が病気になってしまい、もうあとわずかしか生きられないという。

小さくなって弱っている母がかわいそうでかわいそうで。

母は末っ子で甘えっ子だし、一人で旅に送り出すなんて、そんなこと絶対だめ。

私は、もうすべきことは全部やったし、こどもたちはそれぞれ一人でも大丈夫。

生きていれば、してあげられることもあるけど、もう十分だとも思う。

母と一緒にお墓に入ったら、きっと母は寂しがらないし。

二人で寄り添って眠るように死ねたら、お互い心強いだろうな。

◆◆◆

こんな夢だったのです。

目が覚めた翌日。

弟くんが「オレはこれから先が楽しみでしょうがない。どんな人生が待っているんやろう。」というので、「うらやましいなー。かーさんは、もう大体先が見えてきたからこんな夢をみたんよ。」というと。。

弟くんは、わたしをきっと睨んで、「あかんで。オレはかーさんにまだなーんもしとらんっ。」と怒られました。

言うんじゃなかった、と後悔。

たぶん、一人で死ぬのが怖いと思っているのは私のほうで。

なーんでいつまでたっても、こういうとこ、子供っぽいんだろうと、苦笑。

ごめんなさい、とここで懺悔。