小春の庭仕事

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です。最近は庭仕事がメインです。

冷蔵庫の中で腐りかけていた里芋を植えたら

秋口だっただろうか、台所の野菜かごの下の方に腐りかけた里いもを見つけたのは。 もう、使えないと判断した時点で、ごめんなさい、と合掌して生ごみ袋にいれるのだたが、まてよ、ちょっと植えてみよう、と思ってそのまま静観していたら、なんと、里芋ができ…

柚子の黄、ブルーベリーの赤、そして庭採れ野菜

早朝、母屋のギフ(93歳)から電話あり。 このところ、夜昼構わぬ電話も少なくなってきてたのだが、どうしたことか。。 「おばーさん(自分の妻)に会いにいきたいんやけど」と結構切実な口調。 「おかーさんとこは、コロナの影響で面会できないんです」と…

色づき始めた和の庭

93歳をデイサービスに送り出し、母屋の片付けや冬物の服の整理などをしていたら、11:00になった。 午前中の時間の経つのの早いこと。 一軒の家で暮らしていたら、掃除も、洗濯も、一度にできるが、別棟だと二度にわたってしないといけない。 こんなこ…

粛々と火は燃える

11月のこの時期になると、暖炉に火を入れる。 薪は、自分ちの山から取ってきて、薪割して、乾かしたものを使っている。 毎日家にいるようになって、朝から腰を据えて火を燃やすことができるようになり、薪も絶やさないように、頑張っている。 暖炉との格闘…

初大根で、おでんをたく

自分で作った大根は、葉っぱが虫に食われていようと、少々太さが足りなかろうが、愛おしさいっぱいなので、大事に食べる。 ミカンも自家製。 ほんとに、これだけ、家の分だけ作っている。 畝をこさえて、種をまくと、ほとんどの作物はできる。 種って魅力的…

93歳との日々

夜中からの冷たい雨が上がって、少し日差しがさしてきた。 今は、午後3時。 いつものように12時に母屋の義父(93歳)に昼ごはんを食べさせ、今日は畑も濡れているもんだから畑仕事は中止、久々にパソコンに向かう。 ふうん、今はnoteてやつが流行ってい…

万願寺とうがらし、フルーツピーマン、まだ元気。丹波黒大豆の枝豆も!

いったん元気がなくなっておわりかなぁ、お思っていた万願寺、ピーマン、また盛り返した! 茄子もまだまだ、お元気です。 おかげさまで、あまり野菜を買うこともなく、ワンパターンではあるが、新鮮なものがいただけている。 大地に感謝! 丹波黒大豆の枝豆

置き場所を変えたら蘇った花たち

今日の収穫

長かった酷暑が終わりを迎え、秋の入口が見えてきた。 ミニトマトは、2本の苗が増殖し、今や、20本に。 さすがに、全盛期の赤さはないが、トマトスープにするのなら十分。 万願寺とうがらしも2本。これは、茎が幹のようになって、未だ、全盛期。 フルーツ…

今日の庭仕事 枝豆、にんじん、大根

第二畑全景(家から少し離れた県道の下の畑。主にブルーベリーを植えている) 黒豆の枝豆を10本植えている。初めてにしてはいい感じ、やと、ご近所さんが言ってくれる。うれしい。 人参(5寸)というのを植えたが、種を植えた次の日に大雨で種が流れ、少し…

今日の収穫 水茄子、万願寺、黒大豆の枝豆

一度、枯れ死しそうになったが、枝を数本落とすと復活した。 水ナスの漬物は、最高においしい。 万願寺はほっておくと、こんなに真っ赤になるらしい。 これは、辛いとうがらしなのか? 丹波黒大豆の枝豆。 これがまた、ビールに最高に合う。 これを買いに、…

お宮への日参

村(区という)の中でこんな札が回っている。 いつごろ始まったのか、新参者の私には知る由もない。 この札が回ってきたら、近くの神社(お宮)に参るのだ。 ここでは、日参以外にも、月参というのがある。 これがお宮。ここでは、子供たちのラジオ体操とか…

タニタの体組成計を買う

タニタ 体重 体組成計 ブラック BC-768 BK スマホでデータ管理 立てかけ収納OK 発売日: 2019/04/01 メディア: ホーム&キッチン 退職して2か月、ほぼ家にいるので、どうしても食べてしまう。 同世代の友達が、プチ断食をしたら体調が良いというので、さっそく…

スプリングほうれん草の種を撒く

育苗ポットを使うのは初めてです。うまくいきますように。

夏野菜たち

一番頑張っているトマト嬢 きゅうりの赤ちやん、見えるでしょうか?

寄せ植えを作ってみる

少し寂しい感じがしますねー。右側の広がりがないせいでしょうかね。。

息子っちから誕生日のプレゼント

誕生日に遅れること1週間、東京の息子っちからプレゼントが届きました。 遅れてもうれしい。 母の日には、息子っちの彼女さんからスィーツも届いてて、それもとってもうれしかった。 ジャスミンの花ごとはいっていて、お湯を注ぐと、お花が開きましたよ。そ…

5月末の庭の花たち

門司の母によれば、卯の花、だそうです。 アリストロメリア ジキタリス ぎぼ(義母)の育てた樹木、花は、どれも名前を聞いてなかったので、ひとつづつ調べているところ。 何か思いがあってその場所に、その木を、その花を植えたんだと思う。

出逢い

2007年10月に書いた物です。長年のブログ整理中に見つけました。 俵さんの選んだ短歌の中から、さらに、心に残った短歌を、少しだけ考察してみました。 あなたと読む恋の歌百首 (文春文庫) [ 俵 万智 ]価格: 660 円楽天で詳細を見る 「きみに逢う以前のぼ…

文明がひとつ滅びる物語

2007年に書いた文章です。ここ20数年のブログを整理していて見つけました。 俵さんの本(下記)に紹介された短歌の中から、心に残ったものを選んで、少し書いてみました。 あなたと読む恋の歌百首 (文春文庫)作者:俵 万智発売日: 2005/12/06メディア: …

今日の野菜たち

実がなるのが楽しみです。

小野茂樹

あの夏の数かぎりなきそしてまたたったひとつの表情をせよ 1936年〜70年 「地中海」「早稲田短歌会」所属。歌集「羊雲離散」「黄金記憶」 概 要 清純な香気を放ち、繊細で華麗な音楽を感じさせる独自の歌の世界を創出しながら、惜しくも三四歳の若さで事故死…

洋服の裏側

※ この日記は2007年5月25日に書いたものです。 先日の丹波竜ツアー、ごきげんでしたよ。 恐竜の骨を陳列してあるのは隣市の博物館ですが、発掘現場は近隣の川です。 その川べりはいかにも化石がでてきそうな雰囲気のところでした。 やはり現場のほうがロマン…

山椒の収穫

山椒の実 敷地内にはおよそ30本の山椒の木があって、そのうち、実がなっているのが10本程度。 朝、収穫して午前のうちに、近くの農協に出荷する段取りになっているらしい。 当然、私、出荷は初めてのことである。 頑張って採ったが、およそ、1.3キロで…

棲み処

外壁を塗り替え、白、モスグリーン、そして赤いドアにしました 手前のブロック囲いは雑草置き場です、堆肥つくりたいんだけど、どんどん上に上に積み重なっていくから、無理ですね。

ぎぼの芍薬

ぎぼが大切に育てたシャクヤク うちの敷地内には、義父母の純日本的な家屋と日本庭園、そして、私の家であるカナディアンハウスと洋風家庭菜園がある。 4月から仕事を辞めて家にいることになって、二つの家と庭の世話をすることになった私の日常は結構忙しい…

いちごの花

白い可愛い花です。

突然の雹(ひょう)

なんということでしょう。大粒の雹が降ってきて、茄子の若葉に穴があきました。

花つくり(苗)

ホームセンターに行って、花の苗を買う。説明通りに植え付けする

優れモノの水撒きと裏庭での収穫

裏庭で採れたタケノコ、しいたけ アイリスオーヤマの水撒き アイリスオーヤマ ホース リール フルカバーホースリールスリム 20M グレー 水やり 洗車 掃除 コンパクト スリム メディア: Tools & Hardware 毎朝、これで水やり。20メートルもホースが伸びて、…