Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

 むすこっち、二十歳。

弟くんが今日、二十歳になった。

このところ、京都へは月に一度は行っているが、あまり会うことはない。

彼は居酒屋でバイトしてて、ちょっと大事なポストにあるらしく、夜中遅くまで働いているらしい。

兄くんが「時々は会うで。」という。

同じマンションに暮らしていながら時々会うって、どうなん?と苦笑い。

やつのいっている大学にはオリター制度というのがあるらしく、なんでも学部の学年統括をしているんだと。

一体なにをしているのか、よくわからないけど、元気でやっているならそれでいいかとも思う。

京都へ行ったら、一緒に外食する機会もないので、ご飯を炊いて、彼の好きなうすアゲ入りの味噌汁をつくって、鮭をやいて、野菜のおひたしを作って帰るのだけど、私が家に帰ったころに「食べたで。ありがとう。こういうもんが食べたかった」とメールがくる。

「をを、そうか。それは良かった」と返すと「今日も仕事やろ。がんばれよ。オレも頑張ってるぞー」と返ってくる。

あはは、むすこっちに、仕事頑張れといわれるようになるとは。

長いようで、あっという間だった20年。

喘息で夜中ずっと抱いていたやつだったが、もう見上げるほどに大きくなった。

「かーさんは、いつまで経っても小さいなぁ」と言って、わたしの頭をぽんとたたく。

ふん、生意気。笑


■ HP「小春日和」 ■