Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

じじ怒る!



じじは以前から道の駅に特産物をだすことを生き甲斐にしていた。


じじは「大根や白菜なんかはどこにでもあるから、丹波でなければないというものを出すのだ」といって、研究して、珍しいものを作っていた。


じじは兵庫県で初めて本シメジの人工栽培に成功した人でもある。えへん。


今日も出かける前に道の駅にハタケシメジを出荷しにいった。


その時に、とてもいやな事を言われたといって、腹を立てて帰ってきた。


ハタケシメジはあまり知られていないきのこなので、ワードで作ったレシピをつけて陳列してたら、そこに出荷している仲間から「そんなものをつけるのは違反や。他の人はだれもそんなことしてへん。足並みを揃えてもらわないと困る。」と言われたのだ。


え??????いったいなんなの???ワードでレシピをつけたのがなんで悪いの?


「意味がわかりませんわ。」とあたしが言うと、じじは吐き捨てるように「田舎ちゅうのはこんなもんや。変わったことをしたら、批判されるんや。」と。


「そんなことやから、進歩せんのですわ。商売なんですからねっ。市場の競争原理ってのがあるでしょ。そうやって競うことで磨かれていくとちゃうんですか。」とあたし。


「そのとおりや。まぁ、ええわ。大根や白菜ばかりだしとったらええねん。そのうち消費者に飽きられるさかい。」とじじ。


その通りだわ。


そうやって、新しいことを受け入れず、自分らの小さい世界でだけ気遣いをする。


じじの悔しさがものすごくわかるので、一緒に腹を立ててやったさ。