読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

むすこっち

里の雪は朝から静かに降り続いています。


 


椿の木の枝にぽっこりとひっかかった雪の塊が、まるで綿の花のようです。


 


昨日、京都に住む兄くん(長男)から久々にメールがきました。


 


京都の冬は寒いだろうな、カゼなど引いていないかなと気にかかっていたところでした。


 


「今日は、会社訪問にいってくるな。」とのこと。


 


をを、そうでした。そろそろシューカツが始まる時期でした。


 


目の前にいれば、「ネクタイはちゃんと締めた?コートは着ていかなあかんよ。電車の時間は調べたの?」と世話をやくことは限りなくあるのだけど、如何せん、近くて遠いところにいるので、世話の焼きようがありません。


 


寂しくはありませんが、私と兄くんはもうそういう関係なんだな、としみじみいたしました。


 


むすこは確実に母親より大きくなります。

 


ちょっとしたときに、頼もしいなと感じることがあります。


 


それは、買い物の時に、黙って荷物をもってくれたり、車から降りるときは先に下りてドアを開けてくれたり、高いところにあるものをさっとおろしてくれたり。。


 


ほんとに、ほんとに、頼りないむすこっちではあるのですが、そういう時、正直うれしいなと思います。


 


・・夕方、会社訪問が終わって、メールしてきました。


 


「若干建物が古かったなぁ。まぁ、1社目だし、これからあちこち行ってみる。」と。


 


「そっか、寒かったやろ、早く帰っておやすみ。」


 


もう何もしてあげられることはありません。


 


里に帰ってきたら、またあったかお鍋でもしてあげましょう。