Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

兄と弟

月末の仕送りの時期になったので、久々に兄くんにメールをした。



バイトのことで悩んでいてそれから、連絡がなかったのだが、もう次のバイトを探してはじめているらしい。



「どうや、元気か?」



「うん、ぼちぼちやで。」



「そかそか。バイト始めたんやったら、仕送りはいつもどおりでええな?」



「うん、ええよ。あ、そういえば、K(弟)が金無くなった〜って泣きついて来た。あいつ、学校行事のことで忙しくて、今月バイト3回しかはいれんかったらしい。

 こないだ原付売ったお金があるから、あの中から渡そうと思う。」



弟くんは大学の新入生歓迎会の実行委員かなんかを買って出て、あちこち動き回ってちっとも家にいないらしい。



兄くんは大学の本部通学になったので原付は不要になり、京都では置いておくだけでお金がかかるので処分したらしい。



15万ほどした原付が2万5000円にしかならなかったと彼は苦笑していたが、一応親に返すお金だから使い込んではならんと思って、さっそく通帳にいれたようだ。



「あはは、貧乏なにいちゃんに金の無心をするとはなぁ。そのお金、やつに渡しといて。どはっと渡したらあかんよ。すぐ全部使ってしまうから。」



「わはは、そやな、そういうやつかもしれんな。」



「そいじゃ、春休み、帰ってくるのを楽しみにしてるで。じいちゃん米寿やし。せめてあんた一人でも帰ってきてあげたら喜んでやで。」



「そうか、そうするわ。」



兄くんとの静かな会話が終わったと、弟くんから電話があった。息を切らして切迫した様子。



「かーさん、かーさん、ごめん!!今月バイトあんまりはいれんくて、ピンチ!ピンチ!」



「あはは、今その件についてにいちゃんと話しとったとこや。にいちゃんがお金渡してくれるから安心しとき。」



「ほんまーーーー!!ありがとっ!!!ほな、またなっ!」



自分の用件だけ言ってさっさと切りおった。



なんちゅうか。。。笑。