Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

毎日、3トンの米を運ぶ。



はい、こんにちは。


学校の勤めも始まり、また、忙しい毎日である。


幾分涼しくなってきたので、気分が良い。


さて、9月末まで大学が休みの兄くんは、今は車の免許取得とバイトに忙しい。


免許のほうは、路上に入り、あとは時間をこなすのみ。


バイトのほうは、予想通り、非常にハードな時期に入ってきたらしい。


台風で、稲刈りが中断してしまい、今、どっと集中して仕事がはいり、なんと、毎日一人で3トンの米を運んでいるそうだ。


他にバイトの子はひとりもいなくて、家の近くの作業場で、采配をしてくれるおじいさんとふたりで黙々とやっている。


まぁ、地味なやつでなければ出来ないバイトだよなぁと思う。


冷たいお茶の入った水筒を届けにいくと、汗ぼたぼたたらしながら米袋を運んでいた。


夕方になると帰宅してきて、シャワーをざさっと浴び、メシをわしわしと食らう。


その後、体脂肪を計っているのだが、大抵、9%から10%である!


うらやましいぞ。


ここからは親ばかだから、読みたくない方はやめておいて。(笑)


やつ「あのなぁ、かーさん、一緒に仕事してるおじいさんがなぁ、疲れるやろ、暑いやろ、と言って、たくさん飲み物や食べ物くれるねん。なんか申し訳なくてなぁ。」


わたし「いや、それは気持ちやから、悪いとおもわんで、遠慮せんともらったらええんやで。」


やつ「そうかぁ。そんなもんかぁ。」


なんか、20歳にもなって、ジュースやお菓子をもらえるからうれしいなんて、ちょっと可愛すぎるんやないの?と苦笑。


さて、やつは、そんな大変な思いをしても欲しいものがあるのだ。


それは。。。ipod


「これは、自分で働いて買いたいんや。」とやつ。


その気持ちは尊重せねばね。


「それから、バイト代もらったら、とうさんに買ってやるもんがあるんや。」だって。


なんで、かーさんにはないわけ??泣。