読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

 甥っ子来たる

東京の甥っこが一人でやってきた。

こないだまで浪人してたんだが、やっと大学生になって、明るい表情でやってきた。

この甥っ子はうちの弟くんと同じ年。誕生月も同じ。

母屋は寒いといって、ずっと私の家のほうにいた。

最近の若いダンシは身奇麗で、すきっとした顔をした子が多いんだが、この子も細面で色白。

女系家族のなかにいるせいか、気が優しくて物腰も柔らかい。

うちのむさくるしいダンシ達とは一味違っていて、不思議と存在が気にならない。

暖炉にあたりながら、話をしているうちに「眠くなった〜。」といって、ムートンの上で丸くなって眠り込んでしまった。

21歳になるんだけど、寝顔がまだあどけなく可愛い。

2時間ほど寝ている間に、私は大掃除の続きをして、床のワックスがけがだいたい終わった。

起きて、「あ〜、腹へった〜。今日の飯はなんだろう?」と言う。

きっとばばさまが腕を振るってご馳走つくっていることだろう。

「明日はおばちゃんとランチ食べにいこう」と誘うと、うれしそうにしていた。

むすこっちたちは年明けにしかかえってこないし、たまにはよそのむすこっちとメシも楽しいかも。