Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

 むすこっち、帰宅。

朝9時、「今日帰るから」と弟くんが突然メールしてきた。

去年の今日、中学、高校と一緒だった友達が突然、交通事故で亡くなった。

ずっと前に、「一周忌というのは普通は行くもんなんか?」と聞いてきたので「それは気持ちや。だけど、行ったら親御さんは喜ぶだろうな。」というと「そうか、ちょっと考えてみる」と言っていた。

そして、「オレの誕生日の近くで、亡くなった人がふたりもいる。だから誕生日が来るたびに辛くなるわ。」と言っていた。

今日は、私の父の命日でもある。

彼は中学生だったが、身近な人の死を経験したのは初めてだった。

出棺の時の、彼の涙でくしゃくしゃになった顔が今でも目に浮かんでくる。

彼は心から悲しいとき、眉毛を下げて泣く。

今日は、私は会議が長引いて、駅まで迎えにいけず、弟くんは親友のYちゃんに迎えに来てもらって、その足で一周忌に行っている。

どんな顔をして帰ってくるんだろう、と思いながら私は、学期末の成績処理をしているわけなんだが。

しかし、忙しいといいながら、友達の一周忌に帰ってくるって、結構律儀なやつだ、と感心した。

私は私で、父の遺影の周りを綺麗に片付け、とっておきのお酒を供えた。

「とうさん。○○が帰ってくるよ。二十歳になったよ」と報告をして。