Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

ろくろをまわす

昨日は職場に特別講師の方が二人みえた。

ひとりは英会話の講師。

この人はイスラエル人でたまたま私のお知り合いだった。

以前、ちょっとだけ英会話教室に通っていた時に、お互いジャズ好きだったことからお友達になった。

彼から、たくさん新しい音楽を教えてもらった。

彼が読むダンテの「神曲」は朗々として、いつまでも聴いていたいと思うような素敵な声だった。




英語の楽しい授業が終わったあとは、陶芸の講師の方による「ろくろ」を使った陶器つくりだった。

この近辺には有名な窯元があって、わたしは、何度か山里の窯元へ行き、陶器を注文したことがある。

その山里に住まわれる陶芸家だ。

ろくろを回すのを身近で見るのは初めてだった。

こどもたちは緊張してろくろの前に座って、ぎこちない手つきで形を作っていく。

なんともいえない艶のある土の塊が形になっていく。

ちょっとした力の入れ加減で形が微妙に変わっていく。

講師の方がそっと手をそえると、不思議にもきれいな形になっていく。

あっという間に10個の作品ができた。

わたしはその工程の美しさに見とれて、どうしてもやってみたいと思った。

また来週こられるらしいので、お願いしてみよう。