Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

「自転車のれますよね?」って。

昨日、職場で同僚からおかしなことを言われた。





こどもたちに買い物学習をさせようということになり、時間があまりとれないので、自転車でいけるお店にしようと言っていたときに。





「Hせんせ(わたしのこと)、ちょっと聞いとくんですが、自転車に乗れますよね?」





「なんで?どうして?自転車ぐらい乗れますよ。」というと





「いえ、ちょっと気になったものですから。」とにやにやしておっしゃる。





うーん、どうも同僚たちの発言を聞いていると、わたしはかなり深窓の奥さんで、「大声をださない。かっかしない。走らない。体力がない。」というイメージがあるということがわかる。





なにかものを頼まれる時でも、まわりが遠慮しながら言って来ることが多い。





間違ったイメージを持たれることは、いいことなのか悪いことなのかわからないが。。

得していることだけは確かだ。





このままのイメージで行こう。





30代の頃に、20代の人たちと一緒に六甲山をマンテンバイクで縦走したこととか



神戸では、サングラス+ハーフパンツでマンテンバイク通勤していたことは、黙っておこうっと。笑