Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

母の部屋

暑いので、どこへも行かないでおこう、という母が言う。





姉とのぞみ(姪っ子)は東京へコンクールのためのレッスンに行き、わたしと母は、久々に二人っきりで過ごした。





母の部屋には、低い音でモーツァルトが流れている。





父が晩年をすごした部屋でもあるのだが、父の気配はだんだん薄れてきていて、母のお気に入りのものが雑然と混在していた。





雑然としているのに片付いて、機能的に配置されているという、なんとも不思議な部屋なのだ。





「絵を少し描きだめたのよ。ちょっと観てみる?」と出してきた。





以前観たときよりは、ぐんと腕を上げていた。





「いいじゃないの、カメラにとってあげよう。」とデジカメを出してきて次々撮った。





淡い色合いの水彩画は、わたしの好みである。





午前中をそんな風にゆったり過ごし、午後から小倉へでかけた。





井筒屋でお蕎麦を食べ、母は黒の縮緬のズボンを買った。





門司駅でバスをおり、めがね屋へ。





フレームで迷っていると「これがいい」と選んで持ってきた。





かなりお洒落なフレームで、わたしも気に入った。笑。





夜、母はネックレスをいくつか出してきて、「これは、小春が小学校のときに、私にプレゼントしてくれたやつよ。」と笑って、黒いガラス製のを取り出した。





「なんだ、まだ持ってたんだ。物持ちがいいね。でも、なんで小学生なのにこんなのをプレゼントできたんやろうね?」と笑った。





未だにわからなんだけど。。





母は、「ネックレス、ひとつあげよう。明日帰るときに着る服にあうやつ。」という。





私は、黒とシルバーの鎖みたいなやつをもらった。





母と二人並んで寝て、ぼつりぼつりと話をしてるうちに眠りに入ったようだ。





そんな静かな夜だった。









● 恥ずかしながら、、母の絵 ●スライドショーでどうぞ。





● 掲示板 ○



◆ Koharoom ◇映画・音楽鑑賞ブログ





【画像:23577.jpg】