Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

ようやく実家へ。

門司港を後にして、ようやく実家へ到着。





家の前にたまたま姉がいて、「おかえり。かーさん、お待ちかねよ。」とにこやかに笑う。





門扉をあけると、また鉢植えが増えている。





母は草花が大好きで、ほんの小さなこぼれ種や挿し木で増やすことに歓びを感じる人だ。





「ただいま」というと「お、か、え、り」と部屋からはずんだ声がして出てきた。





母はうれしい時には本当にうれしそうな顔をする。





「こっちは暑いやろ。冷たい麦茶があるよ。飲まんね?」と訊いていた。



喉は渇いてなかったけど、「うん、もらおう。」といってごくごく飲んだ。





姉とその娘っこののぞみは、北九州のあるコンクールで賞をもらったとかで、その賞金をいただきにいくという。





急遽演奏依頼もあって、音合わせ、衣装あわせと急がしそうにしている。





「小春も一緒に聴きにいく?」と母から聞かれ、



「そうね、のぞみの演奏、長いこと聴いてないから、いこうか。」ってことになり、慌てて、シャワーを浴び衣装替え。





そんなに大きなホールではないけれど、演奏のあと立食パーティーのようなものもあるらしいので。





車で30分ほどの小倉の霧が丘モーツアルトホールというところについて、そこで、久々にのぞみのバイオリンを聴いた。





相変わらずやせっぽちだけど、軽くメークした彼女は、やはり、女子大生の風格(笑)がでていた。





1時間程度のパーティーに参加して、帰宅したのは、8時。





広島、小倉、門司港、実家、そしてまた小倉。





ながーい、ながーい一日だった。







● 掲示板 ○



◆ Koharoom ◇映画・音楽鑑賞ブログ







【画像:23575.jpg】





【画像:23576.jpg】