Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

緑にじかに触れること。

昨日山に入った兄くんが、よれよれになって帰ってきたのは夕刻5時ごろのことだった。



「どうやった?」ときくと「めちゃ良かった〜。」と。



「なにが良かったん?」ときくと「なんもかも良かった。」と。



じじさまは退職してから、20年。荒れ放題の山に入りこつこつと手入れをしてきたんだと。



小さな小屋まで作ってそこで休むことができるらしい。



山の境界線を教えてもらいながら、植生をあれやこれやと教えてもらったそうだ。



下草刈り、間伐材の伐採、、、なんとも男くさい山仕事を教えてもらい、一日で山の魅力にとりつかれたようだ。



「オレは、地元で仕事をして、早めに退職して、山仕事をして暮らす」とえらい先の話までしていた。笑。



今日の田植えは半日で終わった。



午後から、またばばさまは畑にいって、たまねぎの収穫をしていた。



じじさまは、裏山で最後のタケノコを採っていた。



よく疲れないなぁと思うのだが、ふたりとも、土や緑に触れているのが一番気持ちが良いといいなさる。



同じような話をネット盟友で、今やイングリッシュガーデナーの小鬼はんが5月2日の日記で語っていた。



「・・・でも緑とじかに触れているのは本当に気持ちがいいのだよ。」と。



きっと樹木や草花、土に触れていると、自分も自然の一部だと感じることができるのだろうね。



せせこましい世界にいる自分を解放することができる時間なのだ、と今日、私は感じたのですよ。(^_-)



◆「木を植えた人」ジャン・ジオノ ◆

【画像:23458.jpg】



◆「庭仕事の愉しみ」へルマン・ヘッセ ◆

【画像:23459.jpg】