Koharoom

観た映画、読んだ本、聴いた音楽、旅した、食べた、買った、そして、思った記録です

Apple iPod nano 2GB ブラック [MA099J/A]
はははは!! こんにちは。
兄くん、卒検おちやがった。

「落ちた〜〜。」とメールが来た時にはわろた!

ま、あたし自身卒業検定は落ちたから、いいさ。なんていいながら、8000円は痛い!と思ったのも事実。

「今度落ちたら自分のお金でだし。」というと「え〜〜。鬼!」と返ってきた。

「親が出してくれるお金やと思うから緊張感がなくて落ちるねん、自分で汗水たらして働いたお金やったら、絶対無駄にせんとこうって思うもんよ。」というと「そんな問題ちゃうて。実力と運の問題なんやから。」と言う。

あはは、つべこべぬかしても、もう払ってやらんぞ。

次は気合入れて行き。

■■■

一応?落胆している兄くんと合流して、ipod nanoを取りに行った。
いや、小さい!こんなのに500曲もはいるん?

800円でケーブルを買って、家のオーディオに片っ端から繋げていくと。
まぁ、しっかり音が聞こえるじゃありませんか(当たり前だけど)

でもさ、あたしはデザイン的にはminiのほうがいいなぁ。。

だって、nanoは単なる板みたいなんだもん。
miniの値段がもう少し下がるのを待つかぁ。。しばらく悩もう。楽しいから。笑。

■■■

夜の仕事が終わり「電車男」の最終回を見る。

私的には主題歌を歌ったサンボ・マスターが収穫だったな。

あれはいいよ!色気捨てているところが潔くて良い。

ドラマについてちょっと気になっていること。

実際の電車男エルメスは、最後どうなったんだろう。
今はどうなっているんだろう。

エルメスは自分のことが某掲示板に出て、それがドラマ化されたってことを知ってるわけだろ?

いやじゃないかなぁ。。日本中に自分のこと知られて。

・・・・ま、単純にドラマとして楽しんだらいいんだけどさ。

■■■

ゆんべ、ちょっとびっくりしたことがあった。

ドラマを見る前に弟くんが降りてきて「ちょっと相談があるんやけど。」といつになく真剣な顔で隣に座った。

「なんかクラスのみんな、大学のこと、よう研究してんねん。おれもそろそろ研究せんとな。大学の案内どこにある?」

やつめはオープンキャンパスにも行かずに資料はクラスの真面目な女子に頼んで取ってきてもらっている。ごめんね、クラスの女子さんたち。重かっただろね。

「ほれ、これや。」

「あー、あった。良かったぁ。
おれな、今日、みんなに笑われてん。
みんなが願書の話をしとったから”願書”ってなんや?ってきいたんや。
そしたら、みんな、一瞬固まって、それからわらいよった。」

「わはははははははは。願書をしらん受験生も珍しい。」

「そんなに笑うな。」

こんなんでいいんやろうか?笑。




Apple iPod nano 2GB ブラック [MA099J/A]
はははは!! こんにちは。
兄くん、卒検おちやがった。

「落ちた〜〜。」とメールが来た時にはわろた!

ま、あたし自身卒業検定は落ちたから、いいさ。なんていいながら、8000円は痛い!と思ったのも事実。

「今度落ちたら自分のお金でだし。」というと「え〜〜。鬼!」と返ってきた。

「親が出してくれるお金やと思うから緊張感がなくて落ちるねん、自分で汗水たらして働いたお金やったら、絶対無駄にせんとこうって思うもんよ。」というと「そんな問題ちゃうて。実力と運の問題なんやから。」と言う。

あはは、つべこべぬかしても、もう払ってやらんぞ。

次は気合入れて行き。

■■■

一応?落胆している兄くんと合流して、ipod nanoを取りに行った。
いや、小さい!こんなのに500曲もはいるん?

800円でケーブルを買って、家のオーディオに片っ端から繋げていくと。
まぁ、しっかり音が聞こえるじゃありませんか(当たり前だけど)

でもさ、あたしはデザイン的にはminiのほうがいいなぁ。。

だって、nanoは単なる板みたいなんだもん。
miniの値段がもう少し下がるのを待つかぁ。。しばらく悩もう。楽しいから。笑。

■■■

夜の仕事が終わり「電車男」の最終回を見る。

私的には主題歌を歌ったサンボ・マスターが収穫だったな。

あれはいいよ!色気捨てているところが潔くて良い。

ドラマについてちょっと気になっていること。

実際の電車男エルメスは、最後どうなったんだろう。
今はどうなっているんだろう。

エルメスは自分のことが某掲示板に出て、それがドラマ化されたってことを知ってるわけだろ?

いやじゃないかなぁ。。日本中に自分のこと知られて。

・・・・ま、単純にドラマとして楽しんだらいいんだけどさ。

■■■

ゆんべ、ちょっとびっくりしたことがあった。

ドラマを見る前に弟くんが降りてきて「ちょっと相談があるんやけど。」といつになく真剣な顔で隣に座った。

「なんかクラスのみんな、大学のこと、よう研究してんねん。おれもそろそろ研究せんとな。大学の案内どこにある?」

やつめはオープンキャンパスにも行かずに資料はクラスの真面目な女子に頼んで取ってきてもらっている。ごめんね、クラスの女子さんたち。重かっただろね。

「ほれ、これや。」

「あー、あった。良かったぁ。
おれな、今日、みんなに笑われてん。
みんなが願書の話をしとったから”願書”ってなんや?ってきいたんや。
そしたら、みんな、一瞬固まって、それからわらいよった。」

「わはははははははは。願書をしらん受験生も珍しい。」

「そんなに笑うな。」

こんなんでいいんやろうか?笑。